自然と暮らすライフスタイル

竹を使用する理由


【竹を使用する理由】
竹の成長は1年で太さも長さも大人になってしまうほど成長が早いため、手入れをしないとほかの植物にも影響を与えてしまいます。竹の整備を1年怠ってしまうと一緒に生息している植物は確実に枯れてしまいます。
竹を伐採することで森に風や光が通り、一緒に生息している桜や梅が生き生きと花を咲かせることができます。
毎年、伐採が必要ですが、1年サイクルでリサイクルできる樹木なので大変にエコロジーです。
日本の生活文化では竹は欠かすことのできない素材であり、生活用品の大半に竹が使用されていました。
器、はし、ざる、カゴ、楊枝、傘、遊具、建材、垣根など様々なものに使われていた竹ですが、近年、竹に代わってプラスチックや金属などの素材になってしまい、竹の需要が大幅に減って竹を切ることすらなくなり、現在の日本の竹ヤブ化の現状となっています。
竹の使い道を、現代に必要な商品へと考え、炭としています。
この想いは、樵をはじめ炭を焼き上げた数十年前からの考え方で何一つ変わることなく
掲げてきております。
これ以上地球に負担をかけないように手助けが出来たらの一心で活動しております。
 
 
【竹炭の吸着力】
竹炭には、高温で焼き上げた炭と、比較的低温で焼いた炭とがありますが、炭香ではどちらの炭も使用し、
幅広い吸着力を発揮させる炭を焼き分けることが可能です。
竹炭は空気中の有害物質を吸着したり、赤外線によるリラックス効果も期待できます。
空気や水の汚れ、匂い、化学物質、ストレス…。
竹炭は私たち現代人を守ってくれる健康素材なのです。
 
 
【ケイ素について】
・ケイ素ってなぜ身体にいいの?
地中において酸素の次に多いミネラル成分です。人間の毛髪・爪・血管・骨・関節などあらゆる組織にあり、健康に重要なミネラル成分です。
ケイ素が不足すると、爪が割れたり、髪の切れ毛が多くなったりツヤハリがなくなったり、腸内環境が悪化したりすると言われています。
炭香の飲む炭の原料となっている竹は国内各地より厳選した竹林より伐採した竹を炭化しています。
竹は成長する過程で地中から多くのミネラル成分を吸い上げて育成し、なんと他の樹木の炭よりも約4倍ケイ素を多く含んでいます。
チャコールビューティなど【ケイ素リッチ】な炭香の竹炭は、超微粉なのでさらさらと液体に混ざります。
お好きな飲み物に混ぜて、簡単手軽にミネラル補給をサポートいたします。